Sponsored Link

レアルがモウリーニョとの契約解消を発表!チェルシー入りは近い?

レアルがモウリーニョとの契約解消を発表!チェルシー入りは近い?

 

数々のクラブを渡り歩き、結果を出し続けてきたジョゼ・モウリーニョがレアル・マドリーと契約解消した事が発表されました!

 

 

 

 

 

違約金は?

 

双方合意の上での契約解消との事で違約金は発生しておらず、出来るならば解雇による違約金を払いたくないペレス側と、直ぐにでもチェルシーに復帰したいモウリーニョとの思惑が一致した形となりました。

 

以下がペレス会長のコメントです

 

「3年というラ・リーガ全チーム中、最長の期間をレアル・マドリーという多大なるプレッシャーがのしかかるクラブで過ごせた事を称賛したい。モウリーニョの退団は嬉しいニュースではないが、これからの彼の活躍を祈りたい」

 

レアル・マドリーファンの評価は?

 

前所属のインテルでは、セリエA/コパ・イタリア/チャンピオンズリーグの3冠達成をはじめ、チェルシーやポルトなどで華々しい成績を残してきたモウリーニョですが・・・

 

今期はコパ・デル・レイ決勝戦でライバルのアトレティコ・マドリーに敗戦し、スーパーカップのみのタイトルとなり、自身も「監督人生最低のシーズン」と振り返っていました。

 

ファンとの関係は、リーガ・エスパニョーラが残り2試合の段階で、モウリーニョと決別すべきか否かというアンケートで80%以上がYESと回答したように、冷えきった関係に。

 

過去の所属チームでは選手との仲が良好で、慕う選手が多かったのですが、レアルではそうはいかず、セルヒオ・ラモスやカシージャスらと衝突の報道が絶えませんでした。

 

元々、レアル・マドリーは内部でのいざこざが非常に多いチームですが、モウリーニョでも無理だったか・・・といった印象です。

 

しかし、悪いことばかりではなく、最強時代のバルセロナに対して好勝負を繰り広げるなど流石と思わせるところも多々ありました。

 

契約解消によって、常に郷愁を述べていたイングランドフット・ボールと、チェルシーへの復帰という念願が叶うと見られており、チェルシーの選手や、ファンとは解任後も良好な関係を築けていましたから何も問題はないと思います。

 

オーナーのロマン・アブラモビッチとは解任後、モウリーニョが欲しがっていた超高級車のフェラーリ・612スカリエッティ(下画像)をプレゼントするなど結構前から和解しており、連絡も取り合う仲だったそうです。

2013y05m21d_063642550

来期のプレミアはモイーズ政権のユナイテッドとモウリーニョ政権のチェルシー、ペジェグリーノ政権?のマンチェスター・シティなど話題性がたっぷりで、非常に注目です。

 

※6月4日追記:モウリーニョのチェルシー復帰が決まりました!

Sponsored Link


記事はいかがでしたか?
あなたの良かったよ~!下のソーシャルボタンをポチッ!が私のエネルギーです♪

     

あなたにオススメの関連記事

     

コメントを残す