Sponsored Link

セスクにマンチェスター・ユナイテッドが2600万ポンド提示か?

セスクにマンチェスター・ユナイテッドが3500万ポンド提示?バルセロナ所属のスペイン人MF、セスク・ファブレガスに対して、マンチェスター・ユナイテッドが2600万ポンド(約39億円)を提示したと、インデペンデント紙らが報じました!

 

バイエルンに移籍したチアゴ・アルカンタラはスルーで最初からセスク狙いだった?

 

 

 

 

獲得間近で、詳細な金額まで出ていたチアゴ・アルカンタラですが、ユナイテッドが手を引いた後、すかさず恩師グァルディオラが率いるバイエルン・ミュンヘンに移籍となりました。

セスクにマンチェスター・ユナイテッドが2600万ポンド提示か?

 

手を引いた理由として、出場機会の保証を求められたなど様々な理由が挙げられています。

 

そんな中、数カ月前に報じられ、チアゴの移籍話で下火になっていたセスク・ファブレガスの獲得の噂が再燃!

 

Best of Cesc Fàbregas  2012-2013

 

噂の信ぴょう性は?

 

 

 

セスクに2600万ポンド提示

 

 

インディペンデントや英BBCが報じている事から、2600万ポンドのオファーを提示したのは確実視されており、注目を集めています。

セスクにマンチェスター・ユナイテッドが2600万ポンド提示か?

 

問題は移籍の可能性ですが、

 

  • 少し前にセスクの移籍についての情報が出回ると、セスク自身が残留を希望するコメントを出した
  • アーセナルとの優先買取オプションがあるため、もし移籍をするならば相思相愛の形でアーセナルに戻るのではという意見
  • チアゴを放出し、チャビ(下画像)も今シーズンで34歳を迎える中盤の選手層を維持するためにもバルセロナが放出するとは考えにくい

セスクにマンチェスター・ユナイテッドが2600万ポンド提示か?

 

以上の事から、移籍の可能性は現時点では低いと見られています。

 

現在、2600万ポンド(2500万ポンドという情報も)ですが、移籍金吊り上げの要求に応える?

 

 

ユナイテッドの補強予算

 

 

CEOと監督ともに新しい体制となり、財政面でも注目されているユナイテッドですが、今期の補強予算は、新CEOのウッドワード曰く、100億を超える予算を組んでいるとの事です。

 

ストロートマンやキャバイエ(下画像)ら噂の選手には目もくれない様子なので、大物釣りを狙っているのではという報道が以前からありました。

セスクにマンチェスター・ユナイテッドが2600万ポンド提示か?

 

また、モイーズのエヴァートン時代はスペイン人MFのアルテタを重用していたり、チアゴの移籍報道が盛んに報じられていたことからも、スペイン人MFを熱望している事は明らかで、司令塔としてセスクにターゲットを絞ったと見られています。

 

移籍金に関しては問題なく、バルセロナで便利屋として扱われる事に嫌気が差しているとも言われており、まさかの移籍も?

 

また、PSGのブラジル人CBチアゴ・シウバの獲得予算を得るためにバルセロナが交渉のテーブルについたとの報道もされています。

セスクにマンチェスター・ユナイテッドが2600万ポンド提示か?

 

※代理人はPSG残留を明言しましたが、これはどの代理人も使う”テクニック”なのでさほど重要視はされてません。

 

 

エヴァートンのフェライニと合わせて50mポンド(約75億)を投じるとguardianも報じていますがどうなる?

Sponsored Link


記事はいかがでしたか?
あなたの良かったよ~!下のソーシャルボタンをポチッ!が私のエネルギーです♪

     

あなたにオススメの関連記事

     

コメントを残す