Sponsored Link

実はマンガン電池のほうが安くて長持ち!?

実はマンガン電池の方が安くて長持ち?

なんとなくでアルカリ電池を使ってる人、いませんか?

 

アルカリ電池がパワーも凄くて容量も3倍ほどマンガンより多いし、全部アルカリでいいや♪って人多いと思うんですよ。

 

 

が、

 

 

一部の電化製品にはマンガン電池の方が長持ちだったりするんです!

 

それはなぜか。
マンガン電池はアルカリに比べて出力は弱いのですが、しばらく休ませると出力を回復する性質を持っている為、少量の電流だけで良いモノや、使用時間が短くて長く休ませるようなモノに向いているからです!

 

以下が代表的なモノです

  • テレビなどのリモコン
  • 掛け・置き時計
  • ラジオ
  • 懐中電灯(非常用。念の為に1年毎に取り替えておくといいです)

 

アルカリ電池は、低出力なモノにも常に全開で出力を上げ、また回復もしないので上記機器だと分が悪くなり、電池の持ちの転現象が起きてくるんですね♪

 

また、アルカリ電池は出力が一定の弱い状態になるとパタッと急に止まるのですが、マンガン電池の場合は、弱りつつも出力をし続けてくれるという性質も、長持ちの要因なんです。

 

ラジコンでマンガン電池を使うと、かな~り遅くなりながらも頑張って走る姿をイメージすると分かりやすいと思います。アルカリだと一定でパタッと止まったりします。

 

ラジコンは大きな出力を要するので、残量が少なくなれば遅くなりますが、時計やラジオであれば弱くても元々が低出力な為、影響を受けにくいんです。

 

実際に、リモコンをマンガンに換えたところ、半年程度で使えなくなったのが半年以上経った今も使えてます!

 

テレビやHDDレコーダーについてくる黒い乾電池は経費削減が理由ではなかったんですね♪

 

ちなみに最近は少なくなった赤いマンガン電池ですが、黒との比較は黒の方が1.4倍ほど容量が多いそうです。
2013y04m13d_180812594

 

最近は100円ショップでアルカリ電池を取り扱っていたりするんですが、値段が同じでも用途によっては使い分けると良いのではないでしょうか♪

Sponsored Link


記事はいかがでしたか?
あなたの良かったよ~!下のソーシャルボタンをポチッ!が私のエネルギーです♪

     

あなたにオススメの関連記事

     

コメントを残す