Sponsored Link

全ての紙メディアは、Webメディアに変えるべき?

紙メディアはWebメディアに変えるべき?

最近、好きな雑誌(WHAT’s IN?など)の紙メディアからWebメディアへの一本化が進んでいます。

これには”個人的に”賛否両論あります。

 

まず否定意見から。

  • 本屋で立ち読みという文化が染み付いている一方、未だにWebで公式サイトを見るという事に慣れない
  • パラパラ捲りながら読むのが良い
  • ベッドで寝転びながら読みたい
  • ジャケ買いの文化

 

次に肯定意見

  • リアルタイムで情報を追える
  • 動画を視聴出来る
  • 暗い場所でも閲覧出来る
  • 紙面の印刷などが簡単に行える

 

個人的にパッと思いつくのがこんな辺りなんですが、どれも一長一短だなぁと思います。
というか、リアルタイムである必要があるか無いか。の違いですね。

 

斜陽化が進むか?と云われて久しい聞ですが、逆だと。これはWeb化が本格してWebからの集客構造が今後キッチリと整えば、今よりも更に強いメディアになるんじゃないかなと考えています。

 

肯定意見で挙げたリアルタイムで情報を追える事のメリットが非常に高い分野ですからね。

 

ただ、ご年配の方に限らず、新聞は紙で読むものという意識がまだまだ強く、Webが紙を逆転するのはもう少し先だと思います。まだまだWeb媒体にを払う事に抵抗がある方が多数派ですし。

 

もっと下の10代とかが社会人になる頃には逆転してるかもしれないです。タブレットが当たり前のツールと成って、Web媒体に金を払う事に抵抗がない人が増えてくるだろうし。

 

ですので、リアルタイム情報に価値がある新聞などはこれから強くなるでしょう。タブレットとの親和性が本当に高いですし。員電車で新聞バッサーされるとイラッとしますからね。それが無くなるだけでも非常に嬉しい事じゃないかと。

 

リアルタイムに追う事が一番の目的では無く、面白さや為になる事が第一目的の、漫画、雑学系、ハウツー本辺りは紙メディアのままで存続して欲しいです。

 

-結論。トイレ本として活躍するか、しないかの違いかなと思いました。

 

Sponsored Link


記事はいかがでしたか?
あなたの良かったよ~!下のソーシャルボタンをポチッ!が私のエネルギーです♪

     

あなたにオススメの関連記事

     

コメントを残す