Sponsored Link

宮城県蔵王のキツネ村とは?放し飼いでワラワラ集まる?画像は?

宮城県蔵王のキツネ村とは?放し飼いでワラワラ集まる?画像は?

Twitterで宮城県蔵王にあるキツネ村が話題になっていますが、どういった施設なのでしょうか。

画像などまとめ。

 

 

 

 

 

キツネ村とは?

 

宮城県蔵王のキツネ村とは?放し飼いでワラワラ集まる?画像は?

 

このツイートが5000RT越えで話題になったキツネ村ですが、宮城県白石市にあり、1990年に開園されました。

 

100頭以上のキツネが放し飼いにされており、キツネの機嫌が良ければタッチしてもOKだそうです。

宮城県蔵王のキツネ村とは?放し飼いでワラワラ集まる?画像は?

 

キツネ達がワラワラと近寄ってくれます。人懐っこい♪と思いきや、餌がなくなったと分かると去っていくそうです。そこら辺は商売ですからドライです。

 

種類はキタキツネ、プラチナギツネ、ギンギツネ、十字ギツネ、北極ギツネ(シャドーとブルー)

 

宮城蔵王キツネ村

 

 

入園料=大人700円、子供400円
餌代=100円

 

所在地     宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3
TEL/FAX     0224-24-8812/0224-24-8464

白石I.Cから車で20分

 

 

衛生環境は?

 

 

エキノコックスについて

 

 

かわいいキツネ達に対して、言いたくはないのですが、避けては通れない話題、エキノコックスとその対処について。

 

キツネといえば、エキノコックスの危険性が思い浮かびますが、衛生環境及び予防はどうなっているのでしょうか。

 

※エキノコックス=キツネなどに寄生している寄生虫。糞などに含まれているエキノコックスの卵から感染すると言われており、主に肝臓に宿り、激しい腹痛や腹水などの症状が出て、肝臓がんと似た症状になる。人から人への感染はしない。

 

対策として、北海道の臨床衛生検査会社と提携し、エキノコックス検査を行っているそうで、他にも野生のキツネなどと接点を持たせない、駆虫処理を施された餌や、消毒などを徹底して行なっているそうです。

 

念の為に、触れ合った後は手洗いをすればなお安心ですね!現在に至るまで、事故は起こってないそうで、そこまで過剰に反応する必要は無いんじゃないかなとおもいます。

 

入り口の謎とは?

 

 

なぜゴリラ?

 

 

キツネ村の入り口のゴリラは何を意図して設置されているのでしょうか?

宮城県蔵王のキツネ村とは?放し飼いでワラワラ集まる?画像は?

 

このB級感がたまらない方、多いはずです。

 

守り神との噂があるとか?

Sponsored Link


記事はいかがでしたか?
あなたの良かったよ~!下のソーシャルボタンをポチッ!が私のエネルギーです♪

     

あなたにオススメの関連記事

     

コメントを残す