Sponsored Link

千年猛暑とは?森田正光が命名?ラニーニャで2013年がヤバい?

千年猛暑とは?森田正光が命名?ラニーニャで2013年がヤバい?

気象予報士の森田正光さんが命名した千年猛暑とは?2013年は世界的に猛暑?

ラニーニャ?予防と対策などまとめました!

 

 

 

 

 

例年より2週間早い7月6日に、関東甲信越地方の梅雨明けが報じられましたが、これは統計開始以来4番目となる早さとのこと。

 

梅雨明けが早いだけでなく、2013年は猛暑が続く?

 

 

千年猛暑

 

 

気象予報士の森田正光が命名した「千年猛暑」とはどういった意味合いなんでしょうか?

千年猛暑とは?森田正光が命名?ラニーニャで2013年がヤバい?

 

平安時代~鎌倉時代にかけて真夏日が異常に多い時期があり、今年はその時期に匹敵することから「千年猛暑」と名付けられました。

 

千年に一度の暑さ!ってボジョレ・○ーヴォー的なセンスを感じますね。

 

よく聞く猛暑日や真夏日とは?

 

  • 夏日=25度以上
  • 真夏日=30度以上
  • 猛暑日=35度以上
  • 熱帯夜=25度を下回らない夜

千年猛暑とは?森田正光が命名?ラニーニャで2013年がヤバい?

 

日本だけではなく、元NASAゴダード宇宙飛行センターの大気学者であり気候変動の第一人者であるジェームズ・ハンセンが「2013年は、世界中で最高気温記録を更新する年になる」と、注意を呼びかけています。

千年猛暑とは?森田正光が命名?ラニーニャで2013年がヤバい?

 

原因は?2010年と同じ?

 

 

ラニーニャ現象

 

 

2010年は観測史上1位で、「観測史上最も暑い夏/観測史上最も暑い1ヶ月」の猛暑年として記憶に新しいです。

 

夏の猛暑 異常気象に3つの要因 気象庁の検討会

 

2010年の猛暑の理由としてラニーニャ現象が挙げられていましたが、2013年はこのラニーニャ現象が主な要因となり、2010年の猛暑を超すと言われています。

 

ラニーニャ現象とは強い東風によって西に向かう海流が強まり、ペルー沖から太平洋の中央部分までの赤道付近が例年より1度下がる現象で、その反動で西部の気温が高くなる現象。

千年猛暑とは?森田正光が命名?ラニーニャで2013年がヤバい?

 

エルニーニョ現象とは正反対の現象。

 

  • エルニーニョ=男の子(神の子・キリスト)
  • ラニーニャ=女の子という意味

千年猛暑とは?森田正光が命名?ラニーニャで2013年がヤバい?

 

ラニーニャの片鱗を表しており、既に熱中症で運ばれた人が2012年の同時期の約1900人に対し、2013年は4300人と倍以上の数に上っています。

 

対処法と予防法は?

 

 

熱中症の対処法と予防法

 

 

2010年の史上最多となる5万4千人を超す勢いで増加中の熱中症患者ですが、特に今年は対策が必要です。

 

予防法としては、こまめに水を飲む事と、長時間日射に当たらない事です。

 

脱水症の予防や、脱水症状時に必要な水分と電解質を素早く補給できる経口輸液の★OS-1(オーエスワン)などが必要になってきます。最近はコンビニでも取り扱っている所が増えました。

千年猛暑とは?森田正光が命名?ラニーニャで2013年がヤバい?

 

※ナトリウムとカリウムが比較的多く含まれている飲み物なので、高血圧や糖尿病などの薬を飲んでいる方は、医師と相談して下さい。

 

2010年に記録された猛暑日13回越えは確実?

Sponsored Link


記事はいかがでしたか?
あなたの良かったよ~!下のソーシャルボタンをポチッ!が私のエネルギーです♪

     

あなたにオススメの関連記事

     

コメントを残す