Sponsored Link

市川海老蔵、小林麻央夫婦の待望の長男「勧玄」の由来は勧進帳?

市川海老蔵、小林麻央夫婦の待望の長男「勧玄」の由来は勧進帳?

フリーアナウンサーの小林麻央(30歳)との間に出来た第二子で、市川家に待望の跡継ぎとなる長男が3月22日に誕生し、自身のブログにて「勧玄(かんげん)」と命名した事を発表しました!

今回の子供で”3人目”となるのですが、その詳細と、「勧玄」の由来についての考察など。

 

 

 

 

歌舞伎一家として待望の跡継ぎとなる長男誕生ですから、さぞや喜んだことでしょう。命名にも気合が入っていたと思います。

 

2月に亡くなった父・市川團十郎さんには前もって伝えていたらしく、名前を聞いて大変喜んでいたとの事ですが、そこまで喜ぶのであれば、何か縁のあるモノではないかと考え調べてみました。

 

 市川家といえば、「勧進帳」

 

歌舞伎十八番の一つで、兄・源頼朝の逆鱗に触れた弟の源義経の逃亡中での逸話がメインとなる演目となっており、関守の富樫左衛門に対する弁慶の白紙の勧進帳読み上げや、主君・義経に対する弁慶の思いが表現されています。

2013y05m06d_223539642

大河ドラマ「義経」で勧進帳をメインにした話があり、知っている方も多いのでは?

現行の勧進帳を完成させたのが、「劇聖」と称された九代目の市川團十郎(下画像 1838–1903)で、市川家の代名詞的な演目となっているそうです。

2013y05m06d_223838367
※主な変更点は、関守の富樫左衛門が弁慶の嘘に騙された馬鹿な奴。という扱いで終わっていたのが、嘘を見破りつつも弁慶の主君に対する思いに心揺さぶられ、騙された振りをして見逃すといった、より深い印象を与えるような演出に昇華させた点。

 

 玄の意味

 

微妙で奥深く、深遠なおもむきといった意味合いがあります。

勧進帳を奥深く深遠な演技で魅了出来るような子に育ちますように。という思いが込められて「勧玄」と命名したのかもしれませんね!

 

 

 「勧玄」で3人めの子供

 

小林麻央との間には2人しかいませんから、もう一人の子供がいる事になります。そのお相手とは、CMモデルであり、歌手の日置明子さん(39歳 :下画像)で、10年前に女の子が誕生しています。

(2003年の会見で公表済みで認知しており、養育費も支払い中)

2013y05m06d_215521163

結婚をしなかったことに関しては是非を問われますが、隠れずに公表し、認知した事に関しては評価出来るのではないでしょうか。

 

なんにせよ、3人めで将来の市川團十郎となる、待望の男の子の誕生となりましたから、さぞや嬉しかったでしょうね!歌舞伎界にとっても明るいニュースとなったのではないでしょうか。

関連記事
海老蔵ピンチ?地方公演がら空きの影響でブログ開始?

 

海老蔵、初自主公演で「はなさかじいさん」の犬になる!? 『ABKAI-えびかい-』

Sponsored Link


記事はいかがでしたか?
あなたの良かったよ~!下のソーシャルボタンをポチッ!が私のエネルギーです♪

     

あなたにオススメの関連記事

     

1件のトラックバック

コメントを残す