Sponsored Link

吉高由里子がNHK朝ドラ花子とアンで主演の村岡花子役!画像は?

吉高由里子がNHK朝ドラの花子とアンの主演!性格と合わない?

吉高由里子が2014年春スタートのNHK連続テレビ小説「花子とアン」で主演を務める事が明らかに!

ドラマ内で、「赤毛のアン」の翻訳者である村岡花子役を務めるのですが、本人と似てる画像と内容は?

 

 

 

 

 

『花子とアン』で吉高由里子が演じる村岡花子とは?

 

 

2014年の春にスタートのNHK連続テレビ小説『花子とアン』は、赤毛のアンの翻訳者として知られている村岡花子のドラマティックな半生を描いた内容です。

吉高由里子がNHK朝ドラ花子とアンで主演の村岡花子役!画像は?

 

※赤毛のアンとは、カナダ人作家のL・M・モンゴメリの代表作で、1908年に発表された児童向け文学作品。孤児院ぐらしの主人公・アンの少女時代を描いた、世界中に親しまれている作品。

 

村岡花子が1954年に、日本で一番最初に赤毛のアンの翻訳をしました。

吉高由里子がNHK朝ドラ花子とアンで主演の村岡花子役!画像は?

 

何となくですが、吉高由里子と似てますね!

吉高由里子がNHK朝ドラ花子とアンで主演の村岡花子役!画像は?

 

当初、「窓辺に倚る少女」という題名だったそうですが、編集者のアドバイスである「赤毛のアン」を採用したというエピソードがあり、結果としては編集者のアドバイスを取り入れてよかったと、村岡花子本人が語っています。

 

孫である、村岡恵理さんの小説「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」を元に制作されるとの事です。

 

花子とアンの内容は?

 

 

花子とアンの内容と、芥川龍之介の恋人と同級生?

 

 

山梨県甲府市にある貧しい家庭で生まれ、クリスチャンとして育った安中はな。

 

ミッション系の大学である東洋英和女学校に進学し、英語を学び、卒業後は英語教師に。

 

しかし、女学校時代に芥川龍之介の恋人として知られる、同級生で翻訳家の村松みね子(片山広子)に促されて制作した童話の経験を活かそうと決心し、教文館に編集者として勤務することになり、ちょうどその頃に結婚し、長男が誕生。

 

吉高由里子がNHK朝ドラ花子とアンで主演の村岡花子役!画像は?

 

最愛の長男が6歳で天国に旅立った事がキッカケとなり、児童文学の翻訳者という道を進むことを決心。ラジオにも出演し、「コドモの新聞」でラジオのおばさんとして親しまれるように。

 

その後、関東大震災や世界大戦といった様々な困難を乗り越えて「赤毛のアン」の翻訳を開始。

 

といった内容となっており、花子が送った激動の10代~50代を描くドラマで、全ての年代を吉高由里子が演じるとの事で、年齢ごとのメイクや雰囲気など楽しみです!

 

ネット上では吉高由里子は朝ドラに出演するには、キャラが濃過ぎないか、と不安視する声が多いようですが・・・?

Sponsored Link


記事はいかがでしたか?
あなたの良かったよ~!下のソーシャルボタンをポチッ!が私のエネルギーです♪

     

あなたにオススメの関連記事

     

コメントを残す