Sponsored Link

エアロスミスとB’zがエアロソニックで共演再び!理由は音楽不況?

エアロスミスとB'zがエアロソニックで共演再び!理由は音楽不況?

2002年以来の実に11年ぶりとなるエアロスミスとB’zという日米モンスターバンドの共演が「エアロソニック2013」で実現です!

なぜ単独ではなく、B’zと組んだのか?エアロスミスのボーカルの娘は・・・など

 

エアロスミスとは

 

1970年代から活躍し、現在も第一線で活動を続け、全世界でのアルバムセールスが1億5千万枚を超えるアメリカのモンスターバンド

エアロスミスとB'zがエアロソニックで共演再び!理由は音楽不況?

1975年発表の「Walk This Way(踊る!さんま御殿!!でお馴染み)」で一躍人気になる

Walk This Way(RUN-DMCとのコラボ)

様々な問題があり一時活動を休止するも、休止前の人気を上回る程の復活を1985年に果たし、海外のアーティスト初となる4大ドームツアーの大成功など、日本での人気も確立する。

2001年にロックの殿堂入りを果たす。

 

 

ちなみに、映画「アルマゲドン」のヒロイン役はボーカルのスティーブン・タイラーの娘、リヴ・タイラー

様々な事情があり父がその人だというのを母から隠されていたのですが、自身が何とエアロスミスのファンになってしまい、それから知ったそうです!

2013y04m26d_100435823

 

 

 なぜ、エアロスミスとB’zの共演に至ったか

 

音楽不況、特に海外の音楽が日本で売れにくくなったのが原因だと言われてます。

 

ビーチボーイズとエミネムも赤字が出た程の音楽不況で、国内ミュージシャンより費用がかかる為に、「安全パイ」のB’zとタッグを組む考えが生まれたのでは?といった見方があります。

 

海外ミュージシャンが多数出演するフジロック・フェスティバルやサマーソニックなども近年は赤字が続いているみたいですし。

 

ただ、そんな事はいってもエアロスミスとB’zの共演をまた見たいという声も根強かったので、ファンサービス精神に溢れるエアロスミスの好意で、今回の共演に至ったのではといった見方が一番多いです。

 

誰だってこの組み合わせなら大賛成でしょうし♪

 

エアロソニックは8月8日にQVCマリンフィールド(旧:千葉マリンスタジアム)で行われます!

エアロスミスとB'zがエアロソニックで共演再び!理由は音楽不況?

S 席\15,000・A 席\12,000・アリーナ席\15,000となっており、6/9日からチケット発売です!
争奪戦になる事は必至?

Sponsored Link


記事はいかがでしたか?
あなたの良かったよ~!下のソーシャルボタンをポチッ!が私のエネルギーです♪

     

あなたにオススメの関連記事

     

1件のトラックバック

コメントを残す